夫や妻の不倫相手に慰謝料請求!!

<日本全国対応>夫や妻の不倫、離婚の慰謝料、養育費、財産分与でお困りのあなたの力強い味方になります! ソフトバンク無料通話 080-3922-2101 au無料 090-8283-2101 ドコモ無料 080-2978-2101  行政書士 井内洋典法務事務所


テーマ: 未分類

「不貞行為の決定的な証拠について」

不倫・浮気相手に対しての不倫の慰謝料請求は普通、裁判外の決着{示談交渉、示談書、合意書、解決書等の作成、記名。押印あり。}と民事訴訟の提起いわゆる裁判の2種類に分けて考えることが可能です。裁判外決着の場合には、不貞行為、{肉体関係}の決定的な証拠は必要ありません。もう1つの選択肢としての民事訴訟の提起{民事案件の裁判}普通、地方裁判所で争訟いたします。}を実行する場合は不貞行為{不倫・浮気}の決定的な証拠を押さえていることが勝訴するか敗訴するか(勝つか負けるか!の重要事項になってきます。裁判の方向性のお考えの場合、民事訴訟の提起、裁判の前に不貞行為{浮気、不倫}の決定的な事実関係の証拠を押さえて、{記録する、保存する、確保する}ことが重要なポイントとなります。

{不貞の決定的証拠と考えられる例}

(1)不貞の当事者(不倫・浮気}の相手方と配偶者}がラブホテルに入退室する現場を把握可能なビデオ動画撮影や写真等{両名{不貞の相手と{夫・妻}の顔や体、肉体が鮮明に撮影されたもの。
(2)不貞行為の加害者、2名の肉体関係を十分に把握可能な内容のメールやラインの履歴

(3)不貞行為(不倫・浮気)の内容の念書、覚書、謝罪文(不倫相手及び配偶者の書いたもの、作成年月日、母印、印があればベストです。

「不貞行為の客観的な状況証拠と考えられる例としては」

不倫の慰謝料請求を実際に実行する時には、不貞関係及び社会的な観点から鑑み不適切で親密な男女関係(情交関係)の状況証拠を押さえている事実が重要な事項となってきます。決定的な証拠を押さえている場合、状況証拠を押さえている必要性はありませんが、状況証拠は決定的証拠の付加した不貞行為のの事実関係として強力で後押ししる証拠となります。

不貞行為の状況証拠の代表的な例として以下記載させていただきます。

(1) 不倫の相手方と配偶者{夫・妻}のハグやキス等の写真{携帯電話のスクリーンショット等をSDカードに保存したもの。)
(2)不倫の加害者(不法行為者・有責者))2名の{不倫の相手・配偶者{夫・妻}}の情交関係{肉体関係}があったことが明確に解る親密な内容のメールやライン等の履歴等
(3)配偶者(夫・妻)の車中で発見したコンドーム等{避妊具}使用前、使用後は問いません。

上記のような決定的な不倫の証拠や状況証拠が不倫の慰謝料請求には必要になってきます。
不貞行為の被害者様は、大変な逆境でいられるわけですが、くれぐれもご健康に気をつけられてお体の方
ご自愛くださいませ。不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内 洋典

事務所は徳島ですが日本全国各地各県各地域、北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、関西、中京、中国、四国、九州、沖縄までご対応させていただいております。事務所に来店は不要で電話とメールのみで対応させて頂いております!

夫や妻の不倫相手に慰謝料請求の内容証明書面作成代理人送付の

ことなら徳島の行政書士 井内洋典法務事務所へお気軽にお気兼ねなく無料法律電話相談してくださいませ。

不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!