夫や妻の不倫相手に慰謝料請求!!

<日本全国対応>夫や妻の不倫、離婚の慰謝料、養育費、財産分与でお困りのあなたの力強い味方になります! ソフトバンク無料通話 080-3922-2101 au無料 090-8283-2101 ドコモ無料 080-2978-2101  行政書士 井内洋典法務事務所


テーマ: 浮気・不倫・内容証明・作成

唐突でありますが内容証明とは、郵便物の文書の内容を証明する特殊な取扱の郵便ことです。内容証明の特殊取扱とする郵便物は、同時に書留の特殊取扱としなければなりません。この内容証明と形容されます郵便物は、法令上、特異な存在であり、一般の郵便物とは異なるもののしかしながら

法的拘束力は裁判所から送られる特別送達に比べて低いなどと世間では言われております。ただし、行政書士の書いた内容証明郵便は、基本からの方法で手順にそっての方法で書かれた、不倫、浮気、慰謝料の請求において法律の専門家が書いた職印を押印した内容証明なので不倫相手の女性や浮気相手の男性に対しての不倫慰謝料請求・内容証明の作成の基本からの方法で手順にそって慰謝料の請求をすれば不倫・浮気相手に相当、大きく強い精神的なプレッシャーやダメージを与え普通の街の人々たちが考えられているより、シビアでスペシャル及びよりプレミアムな威力、効果、パンチ力があるということに結語いたします。

(悪意のサイト??)等で行政書士、司法書士は代筆が出来るだけで不倫の慰謝料請求は可能でないなどと書かれていますが、食べれなく経済的価値の現在は全くない弁護士のバラ色の人生は終了した等、厳しい現実(経済雑誌、参照)の職域を守るための主張ですので本当に大変な時代だなと同情すら覚えます。大変な時代ではありますがどうか頑張ってくださいとお祈りいたします。その原因はシンプルであり旧司法試験時代の合格者500人態勢を新司法試験制度で2000人~2500人前後に合格者を増やして案件と爆発的に増えた弁護士の人数の需給のバランスがこの20年くらいで大きく瓦解したのが原因と思料可能です。これは、その他のあらゆる士業や専門職、ご商売、全体にも言えることですが?!厳しい時代です。

 

及び<弁護士の格差>食えないセンセイ急増中!!激増する年収300万円弁護士、仕事を奪う司法書士、行政書士、バッジをつけない司法試験合格者・・・・・富の2極化が進む弁護士村の今、サバイバル時代到来!(別冊、宝島、参照。)

そして行政書士は約20年前から書面作成代理権が国(総務省)から認められておりますので内容証明(交渉書面)で慰謝料の請求は可能です。但し、直接、相手と逢って示談交渉したり、電話での交渉は現在は、もちろん禁止事項であり法令順守(コンプライアンス)の今日では、タブー事項でもあります。あくまで書面でのやり取りになります。当事務所では相手に回答書面を求める時、00事務所000様、00で求めます。

「配偶者{夫・妻}に不貞な行為があった場合の慰謝料の請求」

いわゆる不倫を意味します。不貞行為とは、配偶者{夫・妻}以外の異性と自由な意思に基づき性的な関係を持つことと定義されています。

昔は、配偶者{夫・妻}以外の第3者と、デートや食事、映画に行く、電話やメール、ライン等で頻繁に連絡を取り合う、等では不倫の慰謝料請求の対象になりませんでしたが近年は、ケースバイケースで慰謝料請求は可能となりました。

なお、不倫相手と肉体関係があったとしても配偶者{夫・妻}が難易度は相当、高いですが許してくれた場合などは離婚の原因になりません。

また、配偶者{夫・妻}以外の者とセックスした場合、配偶者{夫・妻}からそのことが原因で相当、強い精神的苦痛を被ったことを事由に不倫慰謝料の請求をされます。離婚する場合は呼称が変化して不倫の慰謝料が離婚の慰謝料に変わります。

不貞の慰謝料は100万円~300万円~400万円くらいですが最終的に不貞行為の回数、程度、不倫の期間、悪質度などにより変わってきます。

*お電話での通話料無料ご希望の方は以下記載の携帯電話(当職、行政書士・井内(いのうち)、直通)へどうぞ!

ソフトバンク無料通話 080-3922-2101
ドコモ無料通話 080-2978-2101
AU無料通話 090-8283-2101

*ご相談無料!着手金も¥0円!!

 不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!

ご相談無料!着手金も無料!
「不倫の慰謝料請求」
不倫の慰謝料請求の流れは基本からの方法で手順にそって不倫の慰謝料請求の内容証明で不倫相手に対して実行します。
法律家の記名と職印が押印されて送られてきた不倫の慰謝料請求の内容証明郵便は、相当な心理的プレッシャーを不倫の慰謝料請求の内容証明を押しつけピンポイントで攻め立てた相手に衝撃を与えますので、不安になった不倫の慰謝料請求、内容証明を受け取ってしまった相手方からの交渉の申し入れや回答の通知者などを引き出すことが基本からの方法で可能となります。
内容証明書の内容や作成の方法やテクニック、スキル、コンテンツ、文言により大きく乖離はあるかと思料しますが当事務所では*91%の確率で不倫・内容証明や不倫の慰謝料請求・浮気内容証明を受け取った後、ふつうに不倫相手から対応があります。
「不倫の慰謝料請求に対する激しい思い込みに起因する間違いとは」

「不倫の慰謝料請求イコール弁護士」という社会通念上や弁護士の自分たちの業務を守るために日常的に行っている活動、や宣伝、行政書士と司法書士等は慰謝料請求は可能でない。可能なのは弁護士だけ等の造られた捏造された宣伝効果による影響に起因した間違った思い込みや勘違い。

上記は弁護士法72条という法律があり、事件性あり、事件性なし、関係なしに弁護士の固有の業務である旨、主張しておりますが、いわゆる、有識者や総務省、法務省等の見解や解釈は違いますが記載していたらきりがありませんのでこのことにつきましては、ここらで筆を止めておきます。

基本的に初動の内容証明を作成、送付の上、お客様と相手が合意した内容を合意書面や示談書で行政書士の書面作成代理権・(行政書士法1の3の2)で作成代理するだけですので不倫・内容証明・浮気・内容証明を行政書士が作成および相手に送付することやご依頼者様のご意向に沿った示談書面の作成すること自体に法律上、何の問題もありません。但し、ご依頼する前に浮気相手と話し合いが拗れに拗れ既に崩壊に至っている場合は、弁護士法に違背いたします。

いわゆる法律の紛争性のレベル1~10の数値が大きいい場合は、弁護士さんの典型的な業務です。

但し、行政書士は刑事告訴、告発が出来ますし、典型的な昔からの行政書士の業務でありますので法律の紛争性は限りなくレベル9~10ですが業務遂行は全く法的に問題ないというよりも以下、記載させて頂きます離婚協議書の作成、および慰謝料の請求、損害賠償請求の内容証明の作成と同様、典型的な業務となっております。昔は行政書士が書面作成代理権が法律で享受されていませんでしたので、離婚協議書を書いたら刑事罰を受けて刑務所に数えきれないほど入っている事実等を鑑み(個人的な意味合いのプライマリーバランスを考察した場合、クライアント様の利益を追求するのがプロの定義ですので昔は全くおかしなことが実行されていたのだあると思料可能です。そもそもご夫婦間で紛争性がなければ婚姻関係の解消、離婚など致しませんので?ではありますが

配偶者の夫または妻の一方の書面作成の代理は、全く問題ないとのことです。付け加えて交通事故の示談交渉が弁護士のみでなく損害保険会社の社員や代理店の人等が可能となりましたので職域が大変、広く大きい、弁護士さんが固く自分たちの職域を守るお気持ちも痛いほど理解できます。

上記記載文相から鑑み「不倫相手に慰謝料を請求したい」と思ったとき、一般的には最初、頭に浮かんでくるのが弁護士だと考察できます。

行政書士がこういった不倫の慰謝料請求を業務として行っていることを知らない人が多いのも事実です。
行政書士事務所では、配偶者{夫・妻}不倫で日々悩み、苦しんでいる逆境の方のサポートを全力でしてくれますのでご相談をお勧めいたします。
慰謝料請求に対する思い込み

「弁護士に依頼すれば高額な慰謝料が必ず取れる」という思い込み

たくさん相手から不倫の慰謝料を取りたい、といった場合に、弁護士に依頼すれば多額な慰謝料が回収できると勘違いしている方は沢山います。

そして弁護士に多額の報酬金を支払うことを鑑みれば慰謝料を浮気の相手から大きく回収しなければ納得できないのです。

しかしながら、これまでの星の数ほどの経験則で言わせていただくと任意での交渉でも相手が支払えないときは払いませんし、支払うときは行政書士、弁護士。司法書士は全く関係なく支払います。内容証明の作成のスキルや完成度、書き方のレベルの問題です!!

また、裁判に移行した場合いくら依頼した弁護士が尽力してくれたとしても過去の判例に基づきそれなりに少額の慰謝料金で残念ながら決定してしまいます。

とある弁護から聞いたセリフですが「裁判所での民事案件や家事事件で当然、案件の性質や方向性によっては大きく違うが裁判での勝訴は結果、依頼者にとって何の意味合いもないことも多い。いくら裁判で本心良心でご尽力して頑張って勝ったとしても、慰謝料額が小さければクライアントは、もちろん満足しないし、感謝もされないことが大半であるので残念である。」
さらに理論的に行動しすぎるある意味、世間相場に拘束される弁護士にとってはクライアントの感情を慰め、慰 謝して刺激しないことや心のケアは難しいようです。但し、最終的には人間性の問題であり、当職、井内が懇意にお付き合いさせて頂いている弁護士さんは、自頭もいいし、人間性も抜群にいい、心、優しき弁護士さんが多いですので弁護士の批判ではないですので念の為!
「慰謝料請求に対する疑問点?」
不倫の慰謝料請求は配偶者と不倫相手と基本からの方法ではどちらに先に不倫の慰謝料請求をすれば正解なのでしょうか?

離婚するか否かで変わりますが離婚するのであれば、両名に同時に請求するべきでしょう。

もし仮に離婚しないのであれば、不倫相手に請求するのが基本からの方法で手順になります。
慰謝料の請求が成功に至ったあと不倫の示談書を不倫相手に配偶者に書かせる不倫の誓約書、いわゆる夫婦間契約は、配偶者{夫・妻)の不倫の再発の防止に効果や効力がありますので是非、作成する方がいいと思います。但し民法の条と公をうまく使用しませんと今の法律では、無効、効力がなくなる可能性もありますのでその点、ご注意ください。

以上のような理由で基本からの方法で手順にそって不倫の慰謝料請求を内容証明郵便を{配偶者{夫・妻}の不倫相手に送付しますと相手が相当な確率で不倫・内容証明の効果・効果のためなにかしらの反応がありますので不倫慰謝料・浮気慰謝料の請求はそのほとんどが成功に至ります。よってまず、弁護士に相談をする前に街の法律家、行政書士に電話相談、メール相談されてはいかがでしょうか?街の法律

なお、行政書士は法律の書面の作成の専門家、プロでありますので流れを作り迅速にスムーズに不倫の慰謝料請求を成功に至らせてくれると思いますので1度、是非、メール相談、無料法律電話相談してみてください。全面的にあなたの力強い味方になってくれると思います。以上が手順に添って基本からの方法で不倫相手に不倫の慰謝料請求を内容証明で実行して懲らしめる方法ですので皆様方のご参考の一助にでもなれば幸甚の限りです。

今後におきましても皆様の為になるように不倫の慰謝料請求の内容証明の事で法的なことや不倫の慰謝料請求の基本からの方法で手順にそって解りやすく、法的な知識や内容証明郵便に突ついてのお役に立つ知識等ありましたら、加筆してご紹介ができるように日々努力していただく所存ですので方法や手順、流れ等を加筆させていただく意向を強く持っていますので是非ご利用いただきご相談や不倫の慰謝料請求の内容証明の作成依頼する行政書士事務所や弁護士、司法書士事務所を探すためご自由に活用していただければこれまた幸いでございます。

 

*お電話での通話料無料ご希望の方は以下記載の携帯電話(当職、行政書士・井内(いのうち)、直通)へどうぞ!

ソフトバンク無料通話 080-3922-2101
ドコモ無料通話 080-2978-2101
AU無料通話 090-8283-2101

*ご相談無料!着手金も¥0円!!

 不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!

ご相談無料!着手金も無料!

不倫慰謝料請求のプロ行政書士!

代表 行政書士 井内 洋典(いのうち ようすけ)

不倫慰謝料請求のプロ行政書士! 徳島 井内洋典法務事務所 井内 洋典(いのうち ようすけ)
ご相談無料ですのでお気軽にお気兼ねなくご相談してくださいませ!
ご相談無料!着手金も無料!

*お電話での通話料無料ご希望の方は以下記載の携帯電話(当職、行政書士・井内(いのうち)(直通)へどうぞ!

ソフトバンク無料通話 080-3922-2101
ドコモ無料通話 080-2978-2101
AU無料通話 090-8283-2101

ご相談無料!着手金も無料!!

行政書士 井内 洋典(いのうち ようすけ)の事務所のホームページへの進入は以下記載の水色の文章より直接進入をお願いいたします!

→不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所の
ホームページはこちらからどうぞ!

 

不倫の慰謝料請求・不倫・浮気・内容証明・作成代理および送付ご対応エリア・日本全国各地各県各地域にてご対応させて頂きます!!

北海道・札幌市・岩手県・盛岡市・奥州市・宮城県・仙台市・秋田県・秋田市・山形県山形市・福島県・郡山市・茨城県・水戸市・栃木県・宇都宮市・足利市・群馬県・前橋市・桐生市・高崎市・館林市・埼玉県・さいたま市・久喜市・千葉県・千葉市・東京都・(港区・江戸川区・渋谷区・世田谷区)神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市・茅ケ崎市・山梨県・山梨市・甲府市・南アルプス市・長野県・長野市・新潟県・新潟市・富山県・富山市・石川県・金沢市・加賀市・かほく市・小松市・福井県・福井市・あわら市・越前市・岐阜県・岐阜市・静岡県・静岡市・浜松市・愛知県・名古屋市・豊田市・三重県・津市・熊野市・四日市市・滋賀県・大津市・守山市・京都府・京都市・宇治市・大阪府・大阪市・兵庫県・神戸市・明石市・西宮市・奈良県・奈良市・和歌山県・和歌山市・鳥取県・鳥取市・島根県・(松江市・出雲市・雲南市・江津市・安来市・益田市)・岡山県・岡山市・倉敷市・広島県・広島市・呉市・山口県・山口市・岩国市・宇部市・下関市・防府市・徳島県・徳島市・阿南市・小松島市・鳴門市・海陽町・吉野川市・藍住町・北島町・香川県・高松市・さぬき市・丸亀市・愛媛県・松山市・四国中央市・新居浜市・高知県・高知市・安芸市・南国市・福岡県・福岡市・北九州市・佐賀県・佐賀市・長崎県・長崎市・西海市・熊本県・熊本市・阿蘇市・天草市・山鹿市・大分県・大分市・別府市・由布市・宮崎県・宮崎市・延岡市・鹿児島県・鹿児島市・霧島市・指宿市・薩摩川内市・南九州市・南さつま市・沖縄県・沖縄市・那覇市・うるま市・宜野湾市・宮古島市その他