夫や妻の不倫相手に慰謝料請求!!

<日本全国対応>夫や妻の不倫、離婚の慰謝料、養育費、財産分与でお困りのあなたの力強い味方になります! ソフトバンク無料通話 080-3922-2101 au無料 090-8283-2101 ドコモ無料 080-2978-2101  行政書士 井内洋典法務事務所


テーマ: 浮気・不倫・内容証明・作成

配偶者・妻や夫の不倫相手に対しての不倫や浮気の慰謝料請求の内容証明の作成は行政書士に依頼したとしても弁護士と違い民事訴訟の提起、いわゆる裁判が可能でありませんので内容証明を送付した、不倫・浮気の加害者(有責者)に心理的な圧力がかかりにくいので慰謝料の請求が成功に至りにくいとサイト等で散見いたしますが?

そのような事実は、ありませんし、全く的を射ていない間違った見解です。成功に至るか否か?は方法や書き方および慰謝料請求するには内容証明を作成した行政書士や弁護士、司法書士の法的なスキルや経験値によって大きく変わってきます。ちなみに当事務所では不倫・浮気の慰謝料請求の内容証明による成功率は金額にもよりますが約88%くらいで一般の弁護士事務所の他の業務については分かりませんが不倫・内容証明の段階で浮気・不倫の慰謝料請求においては、もちろんですが、その事務所のスキルによって違ってきますが成功率が約15%ほどらしいです。不倫の慰謝料請求の成功率は、経験値によって大きく変化し、非常に難易度が高いのも事実であります。不倫相手に慰謝料請求するには内容証明の書き方、コンテンツ、内容、文言、方法、仕方、手段、流れ等によって慰謝料の請求が成功するか?否か?が決まってしまいます!

弁護士の作成した内容証明を無視した浮気や不倫の加害者は、仮に弁護士が電話をしても電話にでない!対応しない!対応したとしても弁護士に相談するので回答できません。との常套手段で逃げてしまうというのは、巷、よくある話です。そこで裁判をして弁護士さんがいくら頑張ってくれたとしても不倫慰謝料請求金額は過去の判例を基準にそれなりの低い慰謝料金額で決定してしまいます。とある弁護士に聞いたのですが業務の種類や方向性により、変わってくるが、民事案件の勝訴は、金額が低ければクライアントは、もちろん満足しないし、感謝もされない!一生懸命、尽力したのに逆に恨まれることもあるので、ある意味、虚しい気持ちになるとのことでした。

*当行政書士事務所では、着手金¥0円で不倫慰謝料請求の案件を受け賜っております。成功報酬は、発生いたしますが、その他、別途、相談料や追加の書面を作成したからといって、他の事務所のように1回につき2~3万円の追加の報酬は、一切、発生致しませんし、一切の請求を致しませんのでご安心してご相談ご依頼くださいませ!!当行政書士事務所の慰謝料の請求の過去の実績では50万円~800万円と慰謝料金額の幅は大きいですが、大半が100万円~350万円くらいで決定しております。

*当行政書士事務所はご相談無料!着手金も無料!!

 

 

*お電話での通話料無料ご希望の方は以下記載の携帯電話(当職、井内、直通)へお気軽にお気兼ねなくどうぞ!

*不倫や浮気の慰謝料請求の内容証明の作成の無料電話法律相談実施中!

<日本全国対応>不倫慰謝料請求のプロ行政書士!!

*当行政書士事務所はご相談無料!着手金も無料!!

*ご相談無料!着手金¥0円!!

ソフトバンク無料通話 080-3922-2101
ドコモ無料通話 080-2978-2101
AU無料通話 090-8283-2101

 不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!

内容証明の作成に際しての表題部、相手やご自身のタイトル部分は「通告人」とか「被通告人」と加筆することは、郵便会社から要求されません。記載(内容証明郵便の冒頭のタイトルなしでも可能ですし、「ご通知」でも全く、問題ありません。

内容証明は特殊な郵便と言えども手紙の一種類です。

 

仮にタイトルを記載する場合、通知書面、不倫・浮気の慰謝料請求等考えられますが、どのようなタイトルでも特に問題は、ありません。

当事務所では、厳しく、浮気、不倫の加害者にそのやったことの責任を自覚さすためもあり、「通告人」「被通告人」「通告書」にしております。

証拠を持っていることをことを記載した方がいいのですか??否なのでしょうか?

内容証明郵便のコンテンツ(内容)文言はあくまで個人レベルの自由な裁量にゆだねらますので記載しても記載しなくてもいいのですが・・・・・・・

 

当事務所では、成功率を上げるため、証拠があれば刑法222条、脅迫の罪(2年以下の懲役)刑法223条、強要罪(3年以下の懲役)付け加えて近年、大変、厳しくなりました、個人情報保護法に絶対に抵触しない範疇で厳しく内容証明を書いております。ここらの記載の文言や書き方のレベルの難易度の高さや、さじ加減の複雑系なこと同時に不倫慰謝料請求の成功率の高いためもありまして当事務所に対してお客様のご依頼があるわけでもありますし、街の法律家の行政書士のレーゾンデートル(存在価値)があるゆえんだと、当職、行政書士、井内 洋典(いのうち ようすけ)は考えております。

内容証明郵便のコンテンツ内容(文言)は何を書くかは?自由ですので、もちろん最高裁の判例を記載してもいいでしょうし、記載しなくてもいいとの見解です。弁護士、行政書士、司法書士問わす、過去の判例を沢山、記載している方も、いますが、慰謝料請求をしたいのか?過去の判例を教えたいのか?浮気・不倫の加害者が迷い本末顚倒の愚に陥りやすいでの当事務所では、基本的に特別な要請がある場合を除いて、記載しておりません。もちろん、記載して欲しいご要請があれば、記載させて頂きますが?!

次に内容証明で謝罪文の要求をするクライアント様もいますが、初動の内容証明の段階ではなく慰謝料の成功後に示談書面にて謝罪させますので手段、方法としては慰謝料の請求にはこの手順、方法が馴染んでおります。

謝罪文を書かせることによりそれを不貞行為の証拠にすることができるというメリットがありますので、(配偶者(夫・妻)の不倫相手に謝罪文を書くように要求すること自体は決して間違っておりませんし無駄な動きではありませんが?!

但し配偶者(夫・妻)の不倫・浮気相手に初動で不貞行為の謝罪文を要求することは証拠にされるということや、謝罪文の書き方が解らないので、慰謝料請求にも謝罪文の要求、とも両方身を交わし、逃げられるリスクがありますので余り,お勧めしておりません。相手が慰謝料の請求をしたいのか?配偶者(夫・妻)との接触や連絡を絶ち切りたいのか?混乱してしまい慰謝料請求の成功率がダウンいたしますので。

 

配偶者、(夫・妻)の不倫・浮気相手に今後のおいて連絡、拙速、逢わない旨の禁止の文言は当然、示談書の方に厳しく記載させていただきます。

裁判判決では、慰謝料の金額のみで謝罪も接触禁止の文言はありません。弁護士事務所もその大半が書いてくれません。(一部の少数派の事務所では書いてくれますので念の為。弁護士の場合、裁判を前提に記載しますので謝罪文等は法的に不都合なのだと考察できます?)

内容証明の一番、大事なお客様の気持ちの問題の部分の記載(慰謝料の金銭が欲しいわけでなく、ご自身がどれだけ苦しんだか、現在、逆境にいるのか?を配偶者(夫・妻)の不倫・浮気相手に知らしめて猛省させる!ことが慰謝料の請求の第一義的なことであります!)についても、弁護士はあまり記載してないようですが、当事務所では文章全体のどこと?どこに記載すればその効力、効果が最大にあるように考慮して必ず記載するようにしています。ゆえに内容証明のページが平均13~14ページになります。

「慰謝料相場」一般的な不倫の慰謝料の相場は、100万円~300万円とか、50万円から400万円と巷、言われています。

もちろん、不倫期間が17年で1名につき400万円の過去の最高裁判所の判例もあります。複数回に至り、浮気・不倫の関係を配偶者(夫・妻)と不倫・浮気相手に抗議して一時は、止めるのですが、その後、密会や不貞関係を懲りずに悪意を持って繰り返した悪質なケースですと500万円~600万円の判決がでております。個人的なレベルの示談や和解、合意の場合、相手の経済力によって大きく変わってきますが、不倫・浮気の慰謝料の相場はあってないようなものですので極論ですが不倫の期間が7ヶ月で慰謝料を金700万円、支払う旨の合意、示談がご自身と不倫・浮気相手の間で成立いたしますとその金額700万円が不倫の慰謝料の金額になります。

 

内容証明郵便の作成・書き方には、郵便会社からの文字数の制限等の要求がありますのでその旨、以下記載させて頂きます。

横書きのケース 1行20文言以内で1ページ26行以内または
1行13文言以内で1ページ40行以内
または1行26文言以内で1ページ20行以内とあります。(定められています。)

 

縦書きのケース 1行20文言以内で1ページ26行以内とあります。

内容証明郵便の作成の仕方、綴じ方は1頁目と2頁の折り目のところに、いわゆる割印,(正しい呼称は「契印」を押します)

内容証明郵便を作成する場合には、全く同じものを3通作成します。

いわゆる、封筒には、入れないでください。郵便局での認証士の精査のあと認証印を押印してもらいその後、持参するか購入するかの封筒に入れて差出します。

3通のうち1通は、浮気・不倫相手に郵送されるもの、そして、残りの2通は、郵便局で保管されるものとご自身(内容証明郵便の差し出し人)のものとなります。

郵便会社にも1通保管されますので、後で内容(コンテンツ)と郵送して不倫・浮気の相手が受け取った事実関係の証明や担保価値がありますので効果的で有力な方法や手段になります。

上記を鑑み、「配達証明付き」で郵送してください。

 さらにインターネットで検索いたしますと不倫・浮気の内容証明の作成・書き方の例文や雛形やテンプレートが沢山、出現しますが、そのまま、コピーしたり、何個かくっつけて引用したとしても、まず、不倫 慰謝料請求は成功に至らないと思います。

 

示談書面に関しましてもインターネットで探せば文例が出てきますので、ご自身で示談書面を作成することは可能です。

但し、相当の時間と労力が必要になってきます。

当事務所では、ご自身でインターネットで熱心に法的な情報をかき集めて工夫して記載された不倫や浮気の示談者を

数えきれないほどこれまでチェックさせて頂きましたが、残念ながら、何か?が足りない、法的に未熟なレベルの

高いとは言えない、法的に整合性の希薄な、刑法に抵触する可能性大の危ない示談書面が大半でした。

配偶者(夫・妻)の不倫・浮気の問題が起きると、誰もが冷静ではいられません。

不安になったり浮気・不倫・浮気相手に対して強い憤慨を覚えへてなかなか平常心でいられないのも事実です。

この事実は誰もが同じではないでしょうか?

すべてをご自身お一人で処理したり筆舌に尽くし難い精神的苦痛を抱え込んだりしないようにくれぐれもご注意ください。

不倫・(浮気)相手に対し、ご自身の主張を伝える」方法としては、以下記載のような基本的な方法や流れに添っての手段があります。
1)配偶者(夫・妻)に責任を取ってもらう意味合いで不倫・浮気相手にご自身の意思表示の代理人になったもらうこと。
2)相手にメールや電話で意思の表示をすること。
3)ご自身が直接、喫茶店等で配偶者(夫・妻)の不倫・浮気の相手と示談交渉してしまうこと等。

 

 

さらにご自身の意思を相手に伝える手段や方法として、いわゆる「内容証明郵便」を使用する手段や方法があります。

 

内容証明郵便とは、送達・通知した書面の内容が、どうようなコンテンツ(内容)であったのか?(文書・文言・内容)何月何日の何時何分に不倫・浮気相手の住所地に到達したのか?日本郵便会社が証明(認証士が認証と認証印を押印します。)を残してくれる特殊郵便の一種のことを意味します。

 

内容証明郵便をを利用して、法的に整合性のある正式な文書を相手に送付することができます。

 

普通、内容証明を受け取ってしまった相手方は・・・・・・内容証明郵便は受け取りの拒否をしたとしてもその内容を既読したことになります。

 

「事実無根である旨」「不倫・浮気」の事実はない!等、後で確実に期日の特定された書面を受け取った事実関係を隠ぺいすることが可能でなくなります。

 

相手は自分の行った不法行為(浮気・不倫)不貞行為・情交関係について考えてみて内容証明書面を受け取ることにより読むことにより大変なプレッシャーを受けることになります!

 

内容証明を受け取った不倫相手は法律に照らし合わせてご自身の正当な主張、請求を受けることとなるため、虚偽や見苦しい言い訳や、知らない?!などとと無視することもできずに精神的にかなり凹み痺れます!

 

不倫・浮気の(有責者)相手は、内容証明郵便を送付するまではだだの男女関係の問題であり不倫 慰謝料請求の内容証明郵便など・・・・・・

が自分に送付されてくるのは、想定外でおそらくですが人生はじめてのことなので反省すると同時に強い動揺、頭の中が真っ白でパニックに

陥ります。これが内容証明郵便の存在意義、方法、効果、効力、といえるでしょう。

 

そして、内容証明が自分に到達したことにより、法的、社会的な制裁(放置すると民事訴訟の提起、裁判に自動的に移行します。)を受けることに気がつくのです。

このまま、この不倫・浮気の事実から身を交わし見てみないふりをすることが内容証明郵便により強い心理的な

圧力がかかり限りなくハードルが高く可能ではない事実関係にもようやく真剣に気がつくのです。

 

社会通念上、「不倫・浮気問題」をそのまま見て見ぬふりや放置および無視することはできなくなります。

 

そこで内容証明を受け取った以後の相手方は、何らかの行動や対応をいたします。

 

このように、内容証明郵便を利用することで、ご自身の強い意思の表示と浮気(不倫)不貞行為がは如何に迷惑で人の気持ちを深いところまで傷つけ如何に不法な行為であることを明確に伝えることができるため、不倫相手に対して強力なプレシャーを与えて猛省させることができます。

 

そして内容証明郵便によりご自身の現在の逆境の気持ち、不倫相手に対しての強い憤りの気持ちを書面に変えて発送することで、こちらが本気モードで

この不倫・浮気問題を考えている旨を伝達することになりますのでそのまま、不倫・内容証明・浮気・内容証明から相手は逃げることが可能でなくなりますので、示談、和解、合意に不倫・浮気問題が拗れて弁護士介入の民事訴訟の提起つまり裁判になる前に不倫・浮気問題を示談により金銭(慰謝料)をしっかりと支払い、同時に不倫・浮気の無責者(被害者)に深く謝罪して不倫・浮気問題を解決いたします。

当事務所では、不倫相手に慰謝料請求したいのですが??初めてのことなので慰謝料の請求の方法や流れや仕方がよくわからないので教えてください。費用がかかるから慰謝料請求するのをあきらめていた…、配偶者(夫・妻)の浮気や不倫が発覚してから時間の経過に伴い、慰謝料請求のモチベーションがグット下がってしまって困っている!そういう方のご尽力、ご協力、お手伝いができれば、幸いです。

 

お一人で不倫(浮気)慰謝料の問題や精神的苦痛を抱え込まないでください。よろしければ1度、無料のご相談くださいますようお願致します。

*お電話での通話料無料ご希望の方は以下記載の携帯電話(当職、井内、直通)へお気軽にお気兼ねなくどうぞ!

*不倫や浮気の慰謝料請求の内容証明の作成の無料電話法律相談実施中!

<日本全国対応>不倫慰謝料請求のプロ行政書士!!

*ご相談無料!着手金¥0円!!

ソフトバンク無料通話 080-3922-2101
ドコモ無料通話 080-2978-2101
AU無料通話 090-8283-2101

 不倫慰謝料請求のプロ行政書士 井内洋典法務事務所のホームページはこちらからどうぞ!ご対応エリア北海道~沖縄まで 日本全国各地各県各地域ご対応!!